仲田 淳也(指揮/ピアノ)

国立音楽大学卒業。2003年よりイタリア、ミラノ音楽院に入学、数々のオペラやコンサートに関わる。平成17年度文化庁在外研修員として2006年まで3年間C.カメリーニ(スカラ座元音楽監督)、P.ベルリーノ(同コレペティトゥア)両氏のもとで学ぶ。

帰国後は指揮を星出豊氏に師事し、新国立劇場、藤原歌劇団、日本オペラ協会をはじめとする団体のオペラ公演にコレペティトゥア及び副指揮者として参加、2009年にはモーツァルトのレクイエムの公演に於いてホセ・カレーラス氏のコレペティトゥアを務めた。

2007年に「イル・トロヴァトーレ」を指揮してデビュー後は「フィガロの結婚」「魔笛」「椿姫」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「アドリアーナ・ルクヴルール」「トスカ」「蝶々夫人」「ジャンニ・スキッキ」「スザンナの秘密」「カルメン」「こうもり」「レクイエム(モーツァルト)」などオペラを中心に多数の作品を指揮。近年は各地でオーケストラ公演にも客演している。

2015年より2年間再度渡欧、ドイツ・レーゲンスブルク歌劇場とオーストリア・ウィーンフォルクスオーパーで指揮者としての研鑽を積む。ウィーンで指揮をAlfred Eschwé、湯浅勇治両氏に師事。

2018年に文化庁子供の育成事業(学校公演)にて藤原歌劇団の指揮者としてメノッティのオペラを14公演指揮。2019年にはイタリア、ブッセートのヴェルディ劇場にて、ヴェルディ作曲の「イル・トロヴァトーレ」でイタリアデビューが決まっている。

新国立劇場研修所講師を経て現在昭和音楽大学及び大学院講師。2007年より新国立劇場に音楽スタッフとして関わっている。



参加CD:

吉田直矢(ヴァイオリン)ヴァイオリン・デ・ナイト 2001

野田朋香(ソプラノ)   万葉 2001

杉山きしこ(メゾソプラノ)  帰れソレントへ 2001

仙道作三(作曲)  現代俳句による十七の歌  2003

大和田智彦(クラリネット)  クラリネットリサイタル(Live) 2006

秋山恵美子(ソプラノ)  Arias 2008

佐藤由子(ソプラノ)  日本の歌 2009

村上敏明(テノール)  情熱のカンツォーネ  2009

伊藤純(バス)  魅惑のバスⅡ(Live)  2010

杉山きしこ(ソプラノ)   悲しみからの再生 2011

フィジン(テノール)  10月のある素敵な日に 2011

伊勢加奈子(ソプラノ)   誰かが私を呼んでいる 2011