”関定子”というアーティスト

6月25日㈪に<友>音楽工房主催のオペラに仲田が副指揮で参加します。

このシリーズは近年毎年オペラを紀尾井ホールで上演していますが

演奏会形式ではなく、演技もついて、照明・美術も素晴らしいスタッフが揃います。

毎回の歌い手は実力派ばかりですが、何より、お一人物凄いアーティストが

皆を引っ張ります。

それが・・

関 定子(せき さだこ)さんと言うソプラノ歌手です。


仲田は20代の初めからお世話になっており、”関先生”といつもお呼びしていますが

ピアノから指揮に転向する際も、ドイツ・オーストリアに研修の際も、母のように

応援して頂きました。

現在御年70歳を超えていますが、声はお世辞でも大げさでもなく、”年々”磨きがかかり

艶々、いえ、ツヤッツヤです。言葉では説明は不可能ですが、70歳を超えて初めてのオペラ

を毎年(しかも超難度の役ばかり)完璧に歌えるアーティストを、僕は世界でも

関定子さんしか知りません。


是非お時間がございましたら、当日は会場で”奇跡の”ソプラノ歌手の声を

堪能してください。

オフィスプチコパンでもチケット予約を承ります。

office_pc_music@yahoo.co.jp