助けて!助けて!宇宙人がやってきた!

いきなり何事かと言うタイトルですが、今日まで

藤原歌劇団の文化庁子ども育成事業(学校公演)のワークショップで

計18校の小中学校(中学校は1校のみ)を周っていました。

(正確には明日1校残っていますが、仲田は御役御免)


演目は、ジャン・カルロ・メノッティ作曲の

「助けて!助けて!宇宙人がやってきた!」です。

この事業はワークショップと11~12月の体育館での公演がセットになっており

子供たちに合唱とダンスで参加してもらいます。


写真は今日2校目にお邪魔した、茨城の水戸市にある

リリーベール小学校、公演会場となるヴィクトリアホールです。


沢山の学校を周っていると、それぞれの学校の雰囲気や生徒さんたちの

カラーがあり、とても興味深い毎日でした。最近はキッズオーケストラを

指揮させて頂いている事もあり、子供たちと触れ合う機会が増えました。

子供のエネルギーに負けそうになり事もありますが、それより

彼らの輝く生命力から頂くものが多い気がします。








↑とある小学校でお借りした譜面台。何故アシックス・・

Petits Copains Piano & Violin

プチ☆コパンコンサート2018 「ドビュッシーを訪ねて」 チケットのお申込みは ”チケット購入”を Crickしてください!!