C'est la vie!

家族から琉球新報に先日の那覇公演の公演評が掲載されたと

連絡をもらいました(17日の新聞だったそうです)。

この記事を書いて下さった記者の方はご自身も楽器を弾かれるとのこと、

言葉の使い方やリズム感が音楽のようで、素敵です。


そういえば、作家の村上春樹さんも大の音楽好きで

文章を書く時にかけるBGMで文章も変わってくる、と言うような事を

書いていました。文章創りには音楽的なリズム感がとても大切だ、とも・・


映画監督のミヒャエル・ハネケさんも映画と音楽はとても似ている媒体だ

と言うような事をインタビューで話されていました。監督は

沢山のフラグメント(断片)を意識的に並べ、それを差し出す事しか出来ない

と言うような話だったように記憶しています。


書いて頂いた記事の横に映画評があり、ウチナーンチュとフランス人の接点を

書いている文章にはなるほど、と思わされました。