息は流れていく

今日はテノールの中島康晴さんとの二回目の合わせでした。

初めて共演するソプラノの中山さんにもお会い出来ました。


オペラの殿堂ミラノスカラ座で日本人テノールとして

初めてデビューした声、合わせをしながら目の前で聴くと

色々肌で感じる事があります。


息が流れる、と言えば当たり前の事ですが

その波に圧倒され、心が持っていかれそうになる歌唱は

中々あるものではありません。


指揮の師匠がよく声楽家に「息を流して!」と言われますが

正にこういう事なんだと改めて感じる合わせでした。

本番までまだ1か月ほどありますが、80席のチケットはほぼ完売で

残りは数枚、という状況だそうです。


サロンで間近に声の(人間の)凄みを是非味わって頂けたらと思います。



↓この曲も当日中山さんとデュエットします!

https://www.youtube.com/watch?v=Ud-YhsGV_gs