レコーディングin川口リリア

今日はお昼から川口リリア音楽ホール(600席)にて

テノール歌手とレコーディングでした。

初めて演奏する会場ですが、響きは良すぎる位で、きっとお客様が

入ると丁度良くなるのでしょう(満席時に残響が1.7秒とのこと、

ちなみにサントリーホールは満席時2.1秒)。


客席からの見ると立派なパイプオルガンがあります。

CDの完成はいつになるか分かりませんが、その時にはまたお知らせいたします。


レコ―ディングは何度やっても緊張します・・

きっとスタジオミュージシャンのように

毎日マイクの前で演奏していれば

慣れるのでしょう!


でも一つとても良い事があります。

レコーディングでは、演奏(録音)➡プレイバックを聴く、この流れを延々と

繰り返します。美しく録られた録音は逆に言えば自分の演奏が

丸裸にされた状態です。自分の欠点、精神的な弱さと否が応でも

向き合いざるを得ません。とても貴重な修行です。


レコーディングは明日も続きます。