ジャン・カルロ・メノッティ

文化庁の学校公演で小学校を周っています。

全18校ありますが、今日が折り返し地点でした。


学校は、茨城・千葉・東京と様々で、生徒数もそれぞれ、

毎回当然ながらリアクションも変わります。思いがけないところで、思いがけない

リアクションが生まれ、指揮をしながら思わず驚き笑ってしまいます。


歌手陣は藤原歌劇団のトップを走る方々ばかりなので、なんと贅沢な・・と

思いますが、やはり本物を子供たちには聴いてもらいたいので、とても

素敵な機会だと感じます。


作品はジャン・カルロ・メノッティ作曲の「助けて、助けて、宇宙人がやってきた!」

です。メノッティはイタリア出身のアメリカ合衆国のオペラ作曲家・台本作家で

日本にも何度もいらしていて、仲田の指揮の師匠

星出豊先生をとても気に入り、友人となっていたそうです。

お話によると「私のオペラを上演する時には、是非その国の言葉で

上演して欲しい。そのために音楽のリズムなどは変えても構わない」

とおっしゃっていたそうです。


指揮者も歌手もピアニストもヴァイオリニストも

それぞれダブルキャスト。

ピアニストの藤原藍子さん、

ヴァイオリニストの青山英里香さん、

この3人の組み合わせは早々に最後の機会となりました。

お二人の素晴らしいアーティストに助けられました。

有難うございました!

Petits Copains Piano & Violin

プチ☆コパンコンサート2018 「ドビュッシーを訪ねて」 チケットのお申込みは ”チケット購入”を Crickしてください!!